■プロフィール

プラス・シー

Author:プラス・シー
土地探し+家づくりコンサルティング
+C(プラス・シー)と申します。
私たちは湘南・鎌倉エリアを中心に活動しています。
土地購入に必要な様々な情報を元に、クライアントにあったコストバランス、周辺環境、将来的資産価値も含め検討・評価します。
このブログは登録建築家との協働ブログです。コメント大歓迎。リンクフリーです。

■Produced by Plus-C

■登録建築家の設計事例集

■カテゴリ

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ライフ
5926位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
住宅
1020位
アクセスランキングを見る>>

■ジオターゲティング


ジオターゲティング

■最新記事
■最新コメント
■関連ページ
■お気に入りブログ
■アクセスカウンター

■オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

■ブロとも申請フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■RSSリンクの表示
■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パッシブって? - パッシブって?
太陽や風や水などの自然のエネルギーを建物に利用する技術や仕組み、考え方を、パッシブソーラーとかパッシブデザインと呼んでいます。
では、パッシブとは、どういう意味なのでしょうか?
「パッシブ」という言葉の意味は、「受動的」という意味ですが、それと反対語の「アクティブ(能動的)」という言葉を対比させても、その全容は見えてきません。

1-1片貝様 1-2片貝様
1-3片貝様 1-4片貝様

帆に風を受けて走るヨット、空を飛ぶグライダー、夏の打ち水、水の流れを動力にする水車、お正月の凧揚げなど・・・、
これらはすべて、生活に自然のエネルギーやその法則を利用している姿であり、それらをパッシブなライフスタイル若しくはパッシブなあり方とでもしたら理解しやすいかもしれません。


■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
*本ブログは全頁、リンク・フリーです。皆様からのご意見・ご質問を歓迎します。
◇関連サイト +C ◇問い合わせ site@plus-c.info
◇貴方向きの土地探しサービスを今すぐ 診断
◇登録設計者の建物一覧を見る
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



応援よろしくお願いします!



スポンサーサイト
パッシブって?  建築家 片貝文雄 | 08:00:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
パッシブって? - 自然のエネルギー
表面温度6,000℃の太陽からやって来る莫大なエネルギーは、2.44億KW。
それらが、地球の大気を動かし、海の水を掻き雑ぜ、雨を降らせて、地球全体の平均気温を15℃に保っています。
その膨大なエネルギーも単位面積あたりにしてしまうと0.95KW/㎡と非常に低密度で、且つ、不安定ということが特徴です。
しかし、地球上どこでも、誰でも、0.95KW/㎡が利用できるのです。

2-1片貝様

自然のエネルギーの持つ法則を知って、暮らしを自然に寄り添わせることによって得られるものを大切にした方が、アクティブな技術や化石燃料だけに頼るよりも、心地よい暮らしができるのではないかと考えます。


■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
*本ブログは全頁、リンク・フリーです。皆様からのご意見・ご質問を歓迎します。
◇関連サイト +C ◇問い合わせ site@plus-c.info
◇貴方向きの土地探しサービスを今すぐ 診断
◇登録設計者の建物一覧を見る
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



応援よろしくお願いします!



パッシブって?  建築家 片貝文雄 | 20:00:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
パッシブって? - 暑さと寒さ
ご存じの通り、人間の体は放熱を繰り返しています。
つまり、暑さ寒さは、体の放熱の早さ遅さのことなのです。
放熱が早ければ、体からどんどん熱が奪われてしまうので『寒い』と感じ、逆に放熱が遅すぎると、うまく放熱できないので『暑い』と感じてしまいます。

この法則が分かれば、夏の暑いときに涼しくする方法や、冬の寒い時に温かくなる方法が分かりますね。

暑い時は、体に風を当てて放熱を促せばよい。
汗をかく。水浴びをする。団扇であおぐ。
寒い時は、熱が奪われないように、放熱を抑えればよいのです。
体いっぱい陽を浴びる。焚き火にあたる。温かい服を着る。


3-1片貝様

3-2片貝様 3-3片貝様


建物も原理は同じです。
夏は庇や木陰で陽をさえぎり、大きな窓を設けて風通しを良くする。打ち水をして、周辺の温度を下げる。
冬には陽ざしを窓からたっぷり取り入れ、室内の熱を逃がさないように、しっかり断熱をする。

自然のルールを知り、自然と折り合いをつけながら、知恵と工夫を活かして行く。
これが、パッシブデザイン、パッシブソーラーの考え方です。


■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
*本ブログは全頁、リンク・フリーです。皆様からのご意見・ご質問を歓迎します。
◇関連サイト +C ◇問い合わせ site@plus-c.info
◇貴方向きの土地探しサービスを今すぐ 診断
◇登録設計者の建物一覧を見る
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



応援よろしくお願いします!



パッシブって?  建築家 片貝文雄 | 08:00:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
パッシブって? - 太陽熱の利用
今回は、ちょっと、堅い話を・・・

東日本大震災による原発稼働停止や地球温暖化への危機感は、住まいのエネルギー消費に対する考え方の見直しをせまり、再生可能エネルギーの利用や、住まいの基本性能の向上を加速させる国の施策が動き始めています。
下のグラフは、世帯当たりのエネルギー消費傾向と用途別エネルギー消費の推移です。

4-1エネルギー推移

60年代後半以降、暖房用・厨房用・給湯用エネルギー使用量は、ほとんど変化しないか、若しくは僅かながら減少傾向にあります。それに対し、家電機器(テレビ、冷蔵庫、電子レンジなど)の普及・大型化・多様化に伴い、照明・動力他のシェアが増加しています。

これらエネルギー消費を節約する方法は、ないものでしょうか?
そこで注目したいのが、暖房・給湯・厨房に関するエネルギー。
これらは、熱に関するものだという点です。しかも、それほどの高温ではない。
これらに、太陽熱は利用できないでしょうか?
例えば、住まいの暖房について、「断熱化・気密化」という住まいの基本性能を高め、日射を積極的に活用し、昼間取り入れた熱を壁や土間に蓄え(蓄熱)、夜間、室内に「放熱」させる。これにより、温度変化の少ない、やさしい暖房が、実現できそうです。
太陽光発電のようなエネルギー変換を伴う複雑な方法でなく、太陽熱の直接的な利用で・・・。


■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
*本ブログは全頁、リンク・フリーです。皆様からのご意見・ご質問を歓迎します。
◇関連サイト +C ◇問い合わせ site@plus-c.info
◇貴方向きの土地探しサービスを今すぐ 診断
◇登録設計者の建物一覧を見る
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



応援よろしくお願いします!


パッシブって?  建築家 片貝文雄 | 20:00:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
パッシブって? - パッシブソーラーのはなし
太陽熱というと温水器をイメージしがちですが、パッシブソーラーは、空気を使って暖房したり、お湯を作ったりします。

5-1片貝様
ⓒ㈱自然エネルギー研究所

空気なら、どこにでもあり、水のように凍ったり、水漏れして大騒ぎになることはありません。外気を取り入れ、屋根面で暖め、換気をしながら、冬には床暖房や、家全体の暖房に利用します。

夏には、高温の空気でお湯を作り、残った熱は廃棄します。
冬の昼間、屋根面で集めた熱を床下のコンクリートに預けながら、屋内に取り入れます。
夜になると、コンクリートに蓄えられた熱がじわじわと放熱され、床を暖めてくれます。
真夏の晴れた日、たっぷりとれたお湯は、一般家庭4人家族がシャワーや洗濯、洗い物をするに十分。

5-2片貝様 5-3片貝様

これが、自然とやりとりしながら、気持ちよく暮らす『パッシブソーラー』です。
自然から得るエネルギー以上の事はできませんが、結構いろんなことができるシステムです。


■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
*本ブログは全頁、リンク・フリーです。皆様からのご意見・ご質問を歓迎します。
◇関連サイト +C ◇問い合わせ site@plus-c.info
◇貴方向きの土地探しサービスを今すぐ 診断
◇登録設計者の建物一覧を見る
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■■□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



応援よろしくお願いします!



パッシブって?  建築家 片貝文雄 | 08:00:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。